膝が悪い女性にとって、ハイヒールを履くと膝の辺りが痛くなるという話をよく聞きます。

しかしながら、仕事がらハイヒールを履かなければならない場合もあります。また、ファッションの関係からハイヒールを履きたいという気持ちも理解できます。

では、本当にハイヒールは膝の関節にとって良くないのでしょうか。

ハイヒール

 

なぜハイヒールが膝に悪いのか

 

残念ながら、ハイヒールが膝に良くないのは本当です。ハイヒールを長時間、履き続けると膝の関節に大きな負担がかかってしまいます。
膝に負担がかかる理由は以下の通りです。

ハイヒールは踵が高くなっている

身体の重心が前足にかかる

上半身が少し前かがみになり易い

それを修正するために膝を曲げる必要があり、この踵から上半身の姿勢が強く膝に負担が掛かります。

膝関節が常に屈曲している状態では膝関節周辺の筋肉が緊張した状態となります。
膝関節が長時間、強い圧力を受けるために、大きな負担を受けることになるのです。

このため、海外の研究ではハイヒールに長時間の着用は変形性膝関節症になるきっかけにもなるという報告があります。
また、すでに変形性膝関節症と診断された方は、ハイヒールを履くことはかなりの苦痛を伴うことになりますので、おすすめはしません。

姿勢

 

ハイヒールを履くときに気を付けること

 

では、仕事の都合上などでどうしてもハイヒールを履かなければならない場合はどうしたらようのでしょうか?

まず、膝の関節への負担を減らすために、大腿四頭筋、ハムストリングなどの太ももの筋力をつけましょう。
また、ハイヒールは履いたあとはストレッチ等で膝関節周辺の緊張を和らげることも大切です。

(Visited 140 times, 1 visits today)

スポンサーリンク