人工膝関節にしますと、膝を深く曲げられなかったり、微妙な膝の位置の感度がなくなるため、激しいスポーツは避けた方が良いです。

では、全くスポーツができないかといいますと、答えは「NO」です。

制約はありますが、スポーツは可能です。

 

スポーツすることに対する注意点

人工膝関節ではゆるみや、ポリエチレン部品の摩耗、インプラントの外れ、人工膝関節周囲の骨折のリスクがあるため、スポーツするときには注意が必要です。

スポーツをするタイミングは、術後に十分な痛みが改善し、膝の稼働域と周辺の筋力が回復してからになります。

水中運動

 

スポーツすることの利点

 

人工膝関節置換術をするとどうしても、スポーツすることに関しては、不安が伴います。

しかし、術後のスポーツには利点があります。

術後の膝関節への適度な刺激は、骨細胞の働きを活発にし、カルシウムの沈着が促さられることにより骨の質が改善します。

また、インプラントの固定性を増加させ、筋力アップにもつながります。

何よりも心が前向きになりますし、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の予防にもなります。

したがいまして、人工膝関節置換術をしたからといって、全てのスポーツを諦めることはなく、医師や理学療法士と相談し、積極的にスポーツへの参加を検討しましょう。

人工膝関節置換術をした方のうち、術前からスポーツをしていた方の約62%の方が、スポーツ活動に復帰したという統計があります。

ウォーキング

 

どんなスポーツをするか

 

では、どんなスポーツをすればよいのでしょうか?

膝関節に強く当たったり、ジャンプ動作を伴うスポーツは避けましょう。

また、術前に経験のあるスポーツを選択した方が無難です。

ご参考までに、主なスポーツのリスクの有無をまとめました。

◆リスクの少ないスポーツ

ボーリング、サイクリング、ダンス、ゴルフ、水泳、ウォーキング、カヌー、ハイキング

◆経験があればリスクが少ない

アイススケート、スキー、ダブルステニス、乗馬

◆リスクがある

バスケットボール、サッカー、ジョギング、バレーボール

(Visited 713 times, 1 visits today)

スポンサーリンク