すねの前の方の筋肉は、普段はあまり意識しないと思います。

ふくらはぎの筋肉は存在感がるのですが、すねの前の方は筋肉があることすら忘れてしまいそうな場所です。

しかし、どこの筋肉もそうですが、すねの前の筋肉も歩くうえでは、重要な役割をしています。

すね

 

すねの筋肉のチェック

 

まず、座って足を伸ばしましょう。そして足の甲と脛がなるべく一直線になるようにしてみてください。

できましたか?これが、一直線になりにくい方は、すねの前の筋肉が硬くなっている方です。

すねの前の筋肉が硬くなっていると、膝関節がまっすぐに伸ばしにくくくなったり、歩き方がすり足になったりします。

 

なぜ、すねの筋肉が硬くなるのか

 

すねの前には、足首の関節を動かすのに必要な筋肉がついています。

膝関節を曲げ伸ばし難い方は、歩くときにどうしても膝を動かさずに足首を過剰に使います。

膝関節が動かしにくい分を、足首の動きでカバーして、足の先が引っかかったりしないようにしているためです。

このようにして、膝関節の動きが悪い方は、すねの前の筋肉を酷使するため、硬くなってしまいます。

歩く

 

すねの筋肉が硬くなることの影響

 

すねの前の筋肉が硬くなると、足首の動きが硬くなります。そうなると、歩くときに地面から受ける衝撃を吸収することができないため、膝関節で地面からの衝撃を受けてしまいます。

膝関節が地面からの衝撃を受けることにより、負担が高くなってしまい、膝を傷めるという悪循環に陥ってしまいます。

また、足首回りの柔軟性がないと、段さなどでのバランスを取りにくくなってしまうため、転んでしまうリスクも高くなってしまいます。

歩くときには、膝関節周辺だけではなく、足首の周辺など、全身の関節が連動します。

転ぶリスクを軽減するためにも、膝関節の痛みの軽減のためにも、その他の関節、特に足首の関節の柔軟性を保つようにしましょう。

(Visited 336 times, 1 visits today)

スポンサーリンク