膝の痛みの原因は様々なものがあります。
その一つが”老化”によるものです。

”老化”といってもまたその種類は一様ではありません。
ここでは滑膜の老化について説明いたします。

 

滑膜とは

 

人間の関節の動くところは、全体が関節包という膜で覆われています。膝でいうと前はお皿から後ろにかけての部分になります。

その関節包の内部は透明でぬるぬるとした粘り気のある関節液で満たされています。これによって関節内の摩擦を減らして、スムーズな動きを実現しています。関節液にはヒアルロン酸、ラブリシン(lubricin、糖タンパク質の一種)が豊富に含まれていまする。

滑膜とは関節包の内側にある膜です。滑膜細胞は関節液を分泌し、軟骨へ栄養を供給しています。軟骨には血管がなく、軟骨細胞への栄養は関節液に依存しているため、滑膜には血管が豊富に分布しています。

包む

 

滑膜の老化

 

滑膜を形成するいくつかの種類の細胞の中には、骨、軟骨と同様に老化に伴って性質が変わるものがあります。中には炎症を起こす生理活性物質を分泌しやすい状況になります。
こうなってしまうと、関節内外から刺激が加わると炎症を起こしやすくなってしまいます。

例えば、骨や軟骨が老化により柔軟性を失うと硬くなってしまいます。そうなると少しの衝撃ですり減ってしまうのです。
膝関節の骨や軟骨がすり減ることで、カスやカケラが剥がれ落ちてしまいます。このカスやカケラが関節包を刺激して炎症を引き起こします。

このように、老化は膝を傷める大きな要因になることがあります。

(Visited 242 times, 1 visits today)

スポンサーリンク