膝関節の痛みを感じる人にとって靴選びは重要です。

靴を選ぶときはファッション性は我慢しましょう。

 

足に合わない靴を履くと

 

足に合わない靴を履いているとマメやタコ、靴擦れができることがあります。

そうなると、意識しなくてもそこの部分を、どうしてもかばった歩き方になります。

バランスが悪い歩き方を続けると、膝の痛みが悪化する可能性があります。

また、楽だからといって、サイズが大きい靴も良くありません。

靴がゆるすぎると、靴の中で足が遊んだり、すべったりして、足元が安定しません。

足元が安定しないと膝関節に負担が掛かってしまいます。

スニーカー

 

膝に優しい靴の選び方

 

膝に優しい靴の選び方のポイントは以下の通りです。

・靴の底はクッション性があること
指の付け根部分が曲げられることも大切です。膝の負担を和らげるためには、クッション性が一番大切なポイントです。

・かかとやヒールはなるべく低いこと
なるべく低く、着地面積が広く安定していることが大切です。女性はハイヒールを履きたい場合もあると思いますが、ハイヒールは膝に負担を掛けてしまうため、なるべくなら避けた方が良いです。

・つま先は指が動かせる程度の余裕があること
つま先に余裕がないと、足の爪を痛めてしまいます。また、朝より夕方の方が足がむくむ為、靴を選ぶ時間にも注意が必要です。

・足の甲がおおわれていること。
足の甲の部分が広く開いているより、覆われている方が、フィット感が増し、足元が安定します。

革靴

 

インソールや整形靴も

 

変形性膝関節症の方や、O脚の方はインソールを使用した方が、安定し、足の痛みを防ぐことができます。

インソールについては、こちらの記事もご覧ください。

また、医師の診断によっては整形靴(装具靴)のようにオーダーメードの靴が必要と認められる場合があります、

整形靴(装具靴)は費用の一部が健康保険で補えることができます。

膝関節が悪く、靴が合わないと感じている方は、一度、主治医に相談をしてみましょう。

(Visited 546 times, 1 visits today)

スポンサーリンク