小中学生が訴える身体の節々の痛み。
所謂「成長痛」です。その名の通り、身体の成長の過程で発生する痛みです。

私も中学生の頃、そのあまりの痛さに膝がまっすぐに伸ばせなかったことがあり、苦しんだ記憶があります。

 

成長痛の原因

 

「成長痛」は正式には「骨端症(こったんしょう)」といいます。
その名の通りに成長期の子供たちが骨の端の方へ痛みを感じます。
成長が止まったり、鈍くなると痛みを感じることが無くなっていきます。

しかしその「成長痛」ですが、はっきりとした原因は分かっていません。
原因として考えられているのは、ホルモンの異常、血液の循環不足、外傷、筋肉の強さを支えられない為の痛みなどです。
いずれも成長期特有の症状になります。

ここでは、膝の痛みについて、説明をします。

走るこども

 

膝の構造による原因

 

膝の成長痛の原因の一つは膝関節に起きる骨端症である「オスグッド・シュラッター病」です。
「オスグッド・シュラッター病」はジャンプ動作や、サッカー等でボールを蹴るスポーツをする成長期の小中学生に発生します。
身体がまだできていない小中学生に、膝に強い圧力を継続的に掛かると発生しやすいということです。

サッカー少年

症状としては、膝の下あたりに痛みを感じます。膝を動かしたり、太ももから下を強く抑える時に痛みを感じることが多いです。
痛みが生じる理由は、人体最大の筋肉である大腿四頭筋、太ももの筋肉が膝の下あたりを強く引っ張るためと考えられています。

対処方法は痛みを感じるときは、無理をせずに安静にすることが必要です。部活動や体育の授業などでなかなか安静にすることは難しい時があるかもしれませんが無理は禁物です。悪化して、動かせなくなる期間が長くなる可能性もありますので、安静するように努めましょう。
その他には、サポーター等の装具をつけたり、アイシング、大腿四頭筋へのストレッチををして、太ももから膝にかけての緊張を和らげるようにします。

また、あまりにも痛みが強かったり、痛みの期間が長い場合は自分で判断せずに医師の診察を受けることが大切です。

(Visited 120 times, 1 visits today)

スポンサーリンク