膝の治療法の大原則は保存療法です。

しかし、変形性膝関節症が進行して、膝の変形が保存療法では対応できない場合は、手術療法を選択するしかありません。

膝の手術に関して近年では技術が進んでいるため、合併症や後遺症のリスクも少なく、手術後の生活の質も手術前と変わらなく送れるようになっています。

そのため、最近では安易に膝の手術を選択するケースが多く感じられます。

繰り返しになってしましますが、膝の治療法の基本は保存療法です。手術は慎重に選択しましょう。

ストレッチ

 

無理に高位脛骨骨切り術を選択しても意味はない

 

膝の手術といっても、関節鏡視下手術高位脛骨骨切り術人工膝関節置換術と種類があります。

高位脛骨骨切り術の中でもオープンウェッジ法とクローズウェッジ法の二つの術法があります。

それぞれに期待できる効果と限界があります。

特に、効果については、患者さん自身の思い(大事にしなければいけない部分ですが)だけで選択をしますと、どの手術方法を選択しても、手術の効果が上がらないということがあります。

特に、膝を温存する関節鏡視下手術と高位脛骨骨切り術について顕著にみられます。

なぜならば、ご自分の膝を温存したい、人工関節を埋めるのは心理的に抵抗があるということで、本来の変形性膝関節症の進行状況であれば人工関節置換術を選択すべきケースで、高位脛骨骨切り術を選択しても効果は出ないことがあります。

このようなケースでは、x線の検査等を踏まえて、医師と十分に相談して無理して高位脛骨骨切り術を選択すべきではありません。

エックス線

 

やはり自分の膝は残せるものは残した方が良い

 

逆に安易に人工関節置換術を選択してしまうケースもあります。

人工関節置換術は膝の患部を取り換えるため、幅広い症状に対応できます。

また、意外と入院期間やリハビリテーションの期間も短くて済む場合があり、人工関節置換術は心理的な抵抗を除けば、信頼性の高い手術です。

しかし、ご自分の膝が残せる状況であれば、膝を温存する手術を選択すべきなのです。

患者さんがスポーツを楽しんだり、ショッピング等で長い期間の外出する場合は、やはり自分の膝が残っていた方が、膝の感覚もあり、稼働域も広いため、生活の質が高いです。

また、人工関節の劣化の問題もありますので、高齢でない方の場合は膝を温存する手術の方が、先々のリスクも少ないです。

したがいまして、手術を選択する時はご自身の思いも重要ですが、X線写真等を客観的に判断し、医師とも十分に相談しましょう。

(Visited 1,437 times, 1 visits today)

スポンサーリンク