膝の痛みの改善には、こちらでご紹介したストレッチや体操などの運動療法でも十分な効果があります。

体重管理のためには、ウォーキングも追加しましょう。

 

なぜウォーキングが良いのか

 

体重管理には有酸素運動が効果的です。

有酸素運動は体内に酸素を取り込みながら行う、全身運動です。取り込んだ酸素で脂肪を燃焼させます。

有酸素運動はウォーキングの他に、サイクリング、水泳などがあります。

中でもウォーキングは特に道具も必要なく、場所もどこでもでき、特別な訓練も必要がないため、手軽に長く続けられるということで、おすすめな有酸素運動です。

ウォーキング

 

ウォーキングするときの注意点

 

但し、歩くことは膝に体重の3倍の負荷がかかります。こちらを読んでいる方は既に膝を痛めているので注意が必要です。

体重が重すぎる方はまずは、食事制限などで体重を減らしましょう。

また、膝周辺の筋力も強化して、膝回りをしかりとさせられればなお良いです。

そのうえで、ウォーキングを続ければ、安全に体重のコントロールができます。

体重

 

正しいウォーキングとは

 

膝への負担を少なくするためには、正しいフォームでウォーキングすることが大切です。

また、階段、坂道は膝への負担が高くなりますので、なるべく平坦な場所を選びましょう。

【正しいウォーキングのフォーム】

・足の親指側に力を入れて、O脚にならないようにしましょう。
・背筋をまっすぐに伸ばし、目線は正面にむけましょう。
・肩の力を抜き、腕をリズミカルに振りましょう。
・足は踵から着地し、足裏全体で地面をつかみましょう。足はあまり強く地面を蹴らずに、置く感じですと、膝への負担が少なくなります。

(Visited 237 times, 1 visits today)

スポンサーリンク