膝の痛みで病院に行ったときに、まず最初に行うのが問診です。

レントゲンを取れば、正確に分かれば良いのでは?とお感じになうと思いますが、本人の症状は患者さん自身しか分かりません。

診断には患者さんからの情報が大切です。

でも、お医者さんを前にすると、ちょっと緊張しますよね。ちょっとした問診のコツをお教えします。

 

医師に伝えること

 

医師へはできるだけ詳しく伝えることが大切です。

症状の感じ方は患者さんご自身しか分かりません。簡単にポイントをまとめました。

◆症状
・どこが痛むか
・いつから痛むのか
・痛みのきっかけは
・痛みを感じる時間帯は
・どんな時に痛いか
・痛みで眠れない、起きてしまうことはないか
・安静にしても痛いのか
・痛みの程度は

◆日常生活
・歩きにくくないか
・階段は使えるか
・立ち上がりにくくないか
・正座はできるか

◆持病・既往歴
・治療中の病気は
・服用中の薬は
・膝、足にけがをしたことはないか
・体重の変化はないか
・職業、継続しているスポーツは

医者

 

伝えるポイントは事前にまとめる

 

医師に伝えることはたくさんありますね。

該当しないことは伝えることはありませんが、心当たりのあることは全て伝えましょう。

これだけありますと、言い忘れることもありますので、伝えることは事前にメモでまとめておくと便利です。

メモ

 

膝関節以外にも気になる症状はありませんか。

 

膝以外に気になることはありませんか。ありましたら、それも伝えましょう。

例えば、膝関節の痛みには腰や股関節の病変によるものもあります。

また、足のしびれや冷えがある場合、その原因は変形性膝関節症ではなく、足の動脈が詰まる閉塞性動脈硬化症の場合もあります。

発熱があった場合は。リウマチの発見の手がかりにもなるかもしれません。

したがいまして、膝関節以外にも気になる症状がありましたら、漏れなく医師に伝えた方が、早く正しい診断ができることがあります。

問診の次には触診をします。

(Visited 501 times, 1 visits today)

スポンサーリンク