膝の痛みを感じる方が腰痛も感じているケースが多いです。
膝と腰は一見、場所も離れていて、関連性が無いと思いがちです。しかし、人間の身体はひとつながりですので、どこか具合が悪ければ他の場所への影響は出てしまうものです。膝と腰もそれぞれ相関関係があります。

 

腰痛だと膝に負担が掛かる

 

通常、人が歩く時はまず、腰をわずかに前後に回すようにして歩きます。腰の回転が膝から足先に伝わることにより、足が交互に前後して歩くことができます。

しかし、腰痛持ちの人は腰を動かすと痛みを感じるためにどうしても腰をかばってしまいます。するどうなるかといいますと、腰をなるべく動かさないで歩こうとします。
結果、腰より下の股関節、膝関節に負担が掛かってしまいます。通常はその負担は身体の中でも大きい腰が機能するべきものです。この負担が蓄積するため、膝などに痛みが生じることになります。

腰痛

 

膝が痛いと腰に負担が掛かる

 

膝が痛い人が歩くときも実は腰の動きが少ないです。
どうしてかといいますと、膝が痛い人は膝が伸びきらないため、常に曲げた状態でいます。膝が曲がっているとそれと連動して股関節も曲がってしまいます。股関節が曲がりますと前かがみになってしまいますので、身体を正面に向けるために腰を反らした状態になります。
このような状況が続きますと腰の回りの筋肉は常に収縮した状態になり、凝り固まってしまい腰痛が発生することになります。

痛み

冒頭でもお話ししたように人間の身体はひとつながりです。特に腰、股関節、膝は互いに連鎖しながら運動をしていますので、膝が痛い方は腰や股関節の柔軟性を保つケアが必要になります。

(Visited 634 times, 1 visits today)

スポンサーリンク