テレビのコマーシャルでも良く効きますよね。”ぐ〇ぐ〇 グルコサミン~♪”

膝の痛みに効果があると言われているサプリメントに代表選手である「グルコサミン」と「コンドロイチン」。

効果があるのか、無いのかについては、はっきりした結論は無く、いまだに議論が続いています。

 

グルコサミンとコンドロイチンの効果はある

 

まずは、グルコサミンとコンドロイチンに膝の痛みに対して効果はあるという説です。

グルコサミンには、関節液を潤滑に動かすためのヒアルロン酸の材料です。ヒアルロン酸は膝が痛い時や、膝の水を抜いた時などに、直接、膝関節への注射にもよく使われます。

一方のコンドロイチンは、軟骨に柔軟性を与えている軟骨を構成する基質の材料です。

ジャンプ

したがって、膝関節に重要な栄養素を不足させないように補給し、膝関節へ栄養を供給することにより、膝関節の痛みを軽減し、滑らかな動きを確保できる効果を得られるという説です。

 

グルコサミンとコンドロイチンの効果はない

 

反対にグルコサミンとコンドロイチンには膝の痛みに対して、効果は無いという説です。

口から摂取したこれらのサプリメントが胃で消化され、さらに腸で吸収されます。

この時点で、すべての栄養素が分解されなくても、有効成分が血管を巡って、ピンポイントで膝関節に供給される可能性は低いというものです。逆に副作用のリスクがあるという説もあります。

ダメ

以上のように、グルコサミンとコンドロイチンのサプリメントには効果がある、無いという研究が世界的に行われています。現時点でははっきりとした結論は出ていない状況ですが、効果が無い派の方が多数のようです。

いずれにしましても、効果があるとはっきりとした結論が出ていないということは、病院で処方される薬より効果が少ないということが考えられます。服用するときは、あくまでも自己責任でということでしょうか。

(Visited 172 times, 1 visits today)

スポンサーリンク