なんとなく、寒い季節になると膝が痛くなるという人は多いです。

それは、気のせいではなく、本当に冷えは膝に良くないのです。

寒い季節に限らず膝が痛い人は冷え対策をしましょう。

 

なぜ、冷えると膝が痛むのか

 

膝が冷えると血管収縮し、血行が悪くなってしまいます。すると膝関節の周辺の筋肉、腱、関節自体がこわばってしまい痛みを強く感じるようになります。

また、血行が悪くなるということは、痛みを感じる物質が滞ってしまうため、痛みを感じる時間が長くなります。

人間の身体はデリケートなもので、気圧や湿度に敏感に反応して、痛みを感じる方もいます。その場合も、膝を温め、血行を良くすることで痛みを和らげることができます。

冬

 

普段の生活での冷え対策

 

手軽な膝の保温としては、サポーター、レッグウオーマーが効果的です。中でもサポーターは膝を安定する効果もありますので、膝が痛い方は外出時にはサポーターをつけておくとよいです。

但し、サポーターはあまり強く締め続けるとかえって、血行を悪くしてしまいますので、長時間つけないように気を付けましょう。

室内ではスリッパではなく靴下をはきます。

実は、スリッパ、靴などは高さがあるために、膝が不安定になり、膝に負担を掛けます。したがって、室内では靴下をはきます。

フローリングなどで滑りやすいところがある場合は、転倒する可能性がありますので、靴下の底は滑り止めがある方が安全です。

靴下

また、会社などでは、冷房がキツイという場合もあります。その場合は、膝掛などで調整しましょう。

膝掛

慢性的な膝の冷えにはお風呂で温めるのも効果的です。シャワーよりお風呂です。温めのお湯に半身浴でゆっくりとつかりましょう。

最近は夏でも冷房が効いている場所が多いです。このような工夫は寒い冬場だけでなく、春夏にも注意しましょう。

お風呂

 

 

膝が冷たいと感じたら

 

膝が冷たく、痛みを感じたり、不快感があるときは早目に温めることで痛みを軽減できます。

手早いのはカイロや、お湯でしぼったタオルの温湿布で膝周辺を温めることです。但し、低温やけどには注意してください。

お風呂にはいれるのであれば、入浴は膝はもちろん、全身の血行が良くなりますので効果的です。

(Visited 574 times, 1 visits today)

スポンサーリンク