膝関節が痛い時、「冷やした方が良いのか?又は温めた方が良いのか?」迷ってしまう時があると思います。

野球であればデッドボールでの打撲や、ピッチャーが投げた後は、アイシングと言って冷やす場面があります。

一方、肩凝り等は温湿布などで温めます。

では、膝が痛い時は冷やした方が良いのでしょうか、温めた方が良いのでしょうか。

その判断基準について、説明したいと思います。

 

冷やした方が良い時

 

なぜ、冷やすのか、その目的を考えてみましょう。

冷やす目的は、炎症を抑えるためです。

冷やすことで炎症を抑えた上、炎症の箇所が広がらない効果があります。

そのため、打撲や、捻挫をしてしまって、炎症が起こった直後などは、冷やした方が良いでしょう。

ざるそば

 

温めた方が良いとき

 

次に温める目的を考えてみましょう。

温める目的は血行、血の巡りを良くするためです。

血行を良くすることで、痛みを感じる物質を流し、痛みを改善する効果があります。

また、過剰に収縮している筋肉の柔軟性を戻す効果もあります。

打撲や捻挫などの急性の症状ではなく、変形性膝関節症や肩凝りなどの慢性的な痛みによって、筋肉が収縮してる時は温めた方が良いです。

たぬきそば

 

結論

 

打撲や、捻挫などの直後で炎症が発生している時は、患部を冷やしましょう。目安は怪我をしてから2~3日間です。

それ以降、痛みが慢性化してしまった時は患部を温めましょう。

但し、あくまでも目安ですので、痛みが強いときや、痛む期間が長い場合は病院で相談しましょう。

(Visited 215 times, 1 visits today)

スポンサーリンク