膝関節に炎症が起こると痛みの悪循環に陥ってしまいます。

炎症が痛みを感じる物質を発生します。この痛みの物質が滑膜を刺激して、さらに痛みが強くなってしまいます。

この炎症による痛みを緩和するためには薬が効果的です。

但し、非ステロイド性抗炎症薬の痛み止め薬は「頓服」が基本です。

痛みが緩和するとはいっても、長期的な服用は副作用のリスクが高まります。

また、この薬だけでは、症状が良くなるわけではありません。

薬によって、痛みが一時的に収まるため、治ったと勘違いしてしまうこともありますが、治療のためには医師の指示に従い、体重管理、運動療法を続けましょう。

医者

 

非ステロイド性抗炎症薬

 

炎症が起こると痛みや発熱促すプロスタグランジンという物質が大量に作られてしまいます。

非ステロイド性抗炎症薬の作用としては、このプロスタグランジンを作り出すCOX(シクロオキシゲナーゼ)という酵素の働きを抑えます。

プロスタグランジンの大量発生を抑えることにより、炎症を抑え、痛みや発熱を緩和します。

このように炎症や痛みを抑える効果が高いですが、副作用が出やすいので注意が必要です。

胃腸などの消化器の粘膜障害や腎障害の報告があります。

特に高齢者の方は気を付ける必要があります。長期間の服用は避けましょう。

 

COX-2選択的阻害薬

 

非ステロイド性抗炎症薬のの一種です。

COXというプロスタグランジンの発生を促進する酵素にはCOX-1とCOX-2の二つがあります。

COX-1は胃粘膜を守る役割があります。

COX-2の方が痛みに関連しています。

従来の非ステロイド性抗炎症薬はCOX-1、COX-2の両方に作用するため、胃腸障害の副作用がありました。

COX-2を選択的に作用するのが、COX-2選択的阻害薬で胃腸障害のリスクが少ないのが特徴です。

しかし、腎障害の副作用は同じですので、長期の服用は避けましょう。

 

薬の形態

 

非ステロイド性抗炎症薬は内服薬、座薬、外用薬があります。

それぞれ特徴がありますので、理解してより効果的な服用をしましょう。

薬

◆内服

最も多く処方されていますが、長期間の使用による胃腸障害、腎障害などの副作用が現れるのが特徴です。

胃潰瘍などの消化器に既往がある方、普段から胃腸が弱い方は事前に医師と相談しましょう。

◆座薬

特に痛みが強い時に処方されます。

内服薬、外用薬よりも即効性が高いのが特徴です。

内服ではないので、胃腸障害などの副作用が無いと誤解されがちです。

確かに内服薬よりも副作用は少ないのですが、座薬でも副作用は発生しますので注意しましょう。

◆外用薬

貼り薬と塗り薬です。

貼った場所、塗った場所にピンポイントに作用しますので、全身的な副作用は少ないため、胃腸の弱い方にも処方しやすのが特徴です。

但し、効果は座薬、内服薬よりも弱くなります。

(Visited 239 times, 1 visits today)

スポンサーリンク