膝関節の手術語のリハビリテーションは、膝関節の回復を促進するために、とても大切なことです。

ここではリハビリテーションの目的とそれぞれの手術後のリハビリテーションについて、説明いたします。

 

膝の関節手術後のリハビリテーションの目的

 

膝関節の手術後のリハビリテーションの目的は、運動療法と同じです。

すなわち、膝関節周辺の筋力を強化、膝の可動域の維持や拡大をすることにより、歩行等の動作を安定させることです。

手術後、できるだけ早い段階からのリハビリテーションをした方が良いです。

なるべく早目に脚を動かすことで、血流を良くするためです、また、合併症を防ぐという目的もあります。

出血や痛み、腫れが強いという事情が無い限り、手術の翌日からベットの上で出来るリハビリテーションを始めます。

そんなに早く動かして大丈夫かと不安に思われるかとしれませんが、医師や理学療法士の適切な指示の元に行えば問題はありません。

関節鏡視下手術高位脛骨骨切り術人工膝関節置換術とそれぞれの手術によって、身体への負担が異なりますので、リハビリテーションもそれぞれの過程に応じて進めていく必要があります。

 

関節鏡視下手術後のリハビリテーション

 

関節鏡視下手術は膝の手術の中では、身体への負担が少ない手術です。

傷口が小さく、痛みも大きくはありませんが、手術日当日はベッドで安静にしています。翌日からリハビリテーションを開始します。

リハビリテーションは非ステロイド性抗炎症薬で痛みと炎症をコントロールしながら、膝の曲げ伸ばし、歩行の練習をします。歩行の練習時には足に負担が掛からないように左右の松葉づえを使います。

また、膝蓋骨の可動域を回復するマッサージを行います。

入院中はこのようなリハビリテーションを行い、自宅に帰ってからは通常の運動療法を継続します。

膝のマッサージ

 

高位脛骨骨切り術後のリハビリテーション

 

高位脛骨骨切り術後はオープンウェッジ法とクローズウェッジ法の二つがありますが、リハビリテーションをほぼ同じです。

手術日当日はベッドの上で安静にしています。

手術の翌日からリハビリテーションを開始しますが、傷口の様子を確認しながら、ベッドの上で行います。

べッドの上で足首を動かしたり、大腿四頭筋を鍛える運動をします。

車いすに座れる段階になりましたら、リハビリ室で歩行訓練を始めます。

高位脛骨骨切り術では骨の接合が重要ですので、医師の許可が出るまでは、足へ体重を掛けることは厳禁です。

許可がでましたら、平行棒や歩行器、松葉杖などの補助を使っての練習をします。

松葉杖を使って、一人で歩けるようになったら退院となり、自宅に帰ってからは通常の運動療法を継続します。

杖と手

 

人工膝関節置換術後のリハビリテーション

 

人工膝関節置換術は膝の手術の中で最も身体への負担が大きい手術です。

したがって、安静にする期間が長いと考えますが、逆に積極的にリハビリテーションをする必要があります。

他の手術と同様に、手術の翌日からリハビリテーションを開始します。最初はべッドの上で足首を動かしたり、大腿四頭筋を鍛える運動をします。さらにCPMという自動的に膝を曲げる機会を使用して、膝関節の可動域を広げます。

手術後3~5日目、車いすに座れるようになったら、平行棒や歩行器、松葉杖などの補助を使っての練習をします。

平らな場所は杖一つで、階段は手すりを使って、上り降りができるようになったら、退院です。自宅に帰ってからは通常の運動療法を継続します。

(Visited 2,097 times, 1 visits today)

スポンサーリンク