膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)は多くは若い女性に発症する症状です。
その原因、リバビリなどについてご説明します。

 

膝蓋骨脱臼とは

 

まず膝蓋骨について、説明をします。

膝蓋骨とは膝の「お皿」と言われる骨です。

その形は逆三角形で大腿骨に乗っかっています。主な機能としては膝を伸ばしたり曲げたりするのに必要な骨となります。

お皿

膝蓋骨脱臼ですが、膝の形状から外側に位置がずれることにより脱臼をします。
脱臼をすると膝に痛み、腫れを生じます。

しかし、脱臼を繰り返す(反復性脱臼)ようになると痛みや腫れなどは少なくなり、不安定感を強く訴えます。

患者さんは10代から20代の若い女性に多く見られ、20%~50%の人が脱臼を繰り返すようになります。

 

膝蓋骨脱臼の原因

 

大腿四頭筋(太ももの前の大きな筋肉です)にジャンプの着地など、力が強くかかる時に起こることがあります。

ジャンプ

なぜ、脱臼してしまうかというと膝回りの柔軟性が低下していたり、生まれつきの素因を持っていることが多いです。

膝蓋骨や大腿骨の形の異常、大腿四頭筋の作用する方向と膝蓋靭帯の方向が異なっていることなどがあげられます。

また膝蓋骨の脱臼や脱臼した膝蓋骨が元に戻る時に膝蓋骨や大腿骨の関節面の一部が骨折することがあります。

 

膝蓋骨脱臼の治療とリハビリ

 

過去、膝蓋骨脱臼については、色々な治療や手術が行われましたが、これといった効果のある手術はありませんでした。

しかし、最近になって内側膝蓋骨大腿靭帯(MPFL)という靭帯の再建が重要なことが分かり、手術後の効果が飛躍的に良くなっています。

手術の後のリハビリですが、膝蓋骨脱臼の原因が様々であるために、その原因に応じたプログラムが作られます。

基本となるメニューは膝関節の屈伸運動により柔軟性を確保するとともに、内側広筋のトレーニングによる筋力強化です。
スポーツへの復帰の目途は三か月から六か月となります。

(Visited 397 times, 1 visits today)

スポンサーリンク