膝関節に良い栄養素についてはこちらに記載しました。

では、膝関節に良くない栄養素というものがあるのでしょうか?

膝関節に害をを与えて、絶対に採ってはいけないという栄養素はありません。

強いて言えば、膝に良い栄養素の働きを妨げるものがあります。

カルシウムを体外へ排出を促進する塩分、カフェイン。また、カルシウムの吸収を妨げるリンなどは控えめにする方が良いでしょう。

 

塩分

 

塩分はカルシウムを体外への排出を促進するだけでなく、血圧を上げる作用があります。

血圧が上がると、膝関節だけでなく、全身の血管の柔軟性を損ないます。

血管の状態が悪くなると、血糖値の上昇をが上がりやすくなり、骨が劣化する傾向があります。

日本の食事はヘルシーではありますが、梅干し、漬物、味噌汁、塩じゃけなど、塩分が高目の傾向があります。

中高年以降は減塩を意識しましょう。

塩分を減らすことにより、膝関節に悪影響を与えないだけでなく、高血圧などの生活習慣病の予防になります。

日本食

 

カフェイン

 

カフェインの多い飲み物の代表はコーヒーです。他に玉露もありますが、一般的にはあまり飲む機会は多くないと思います。

コーヒーの効能については、健康に良いという報告もありますので、飲み過ぎなければ大きな影響は無いでしょう。

目安としては、1日4杯まででしたら問題は無いと思います。

コーヒー

 

リン

 

リンは缶詰、インスタントラーメン、レトルト食品などの加工食品に多く含まれています。

できるだけ、自宅で料理することがリンの過剰摂取を防ぐことができます。

(Visited 387 times, 1 visits today)

スポンサーリンク