膝の痛みの原因は様々なものがあります。
その一つが”老化”によるものです。

”老化”といってもまたその種類は一様ではありません。
ここでは軟骨の老化について説明いたします。

膝が痛い女性

 

膝の軟骨とは

 

膝の関節が大きく4つの骨で構成されています。
太もも骨である「大腿骨」、すねの骨である「脛骨」、一般的にお皿と称されるいわれる「膝蓋骨」、そしてすねの「脛骨」を補強している「腓骨」の4つです。

骨は硬い組織ですので、骨と骨がぶつかると、お互いに傷つけたり、動きにくくなってしまう可能性があります。
そので、こうした骨と骨の間には骨同士が直接、接触しないようなクッション役が必要です。

そのクッション役の一つが軟骨です。もう一つは半月板という組織がありますが、これは別の記事で説明します。
軟骨は独立した組織ではなく、それぞれのの骨の関節にあたる面を形成するもので、
形状はつるつるとしたスポンジ状になっています。

スポンジ

 

軟骨の老化

 

人間は老化するものですが、軟骨も避けては通れません。

◆修復能力の低下

軟骨が老化すると細胞の増える力、増殖能力が低下します。
増殖能力が低下するとどうなるかというと、傷ついたときに若い時ならば修復できますが、修復できない、または修復するのに時間がかかるということになります。

◆弾力性の低下

また、軟骨に細部にはコラーゲンを作る働きがあります。
このコラーゲンは軟骨に弾力性をあたえる「軟骨基質」という物質を作る材料になります。
軟骨の老化が進むと「コラーゲンが作りにくい」⇒「軟骨基質が作りにくい」⇒「軟骨の弾力性が低下する」という現象が生じます。

さらに老化が進んでくると、軟骨細胞自体がある種の生理活性性物質を放出するようになり、自分を破壊するような酵素を作ることがあります。こうなると軟骨自分自身で自分を破壊していくような現象になることがあります。

(Visited 306 times, 1 visits today)

スポンサーリンク