膝が痛い時に処方される薬は鎮痛剤が中心になります。

しかし、症状によっては鎮痛剤以外の薬も処方される場合があります。

 

筋緊張弛緩薬

 

膝の痛みの中には、周辺の筋肉のこわばりが原因で、痛みを感じていることがあります。

このようなケースでは鎮痛剤よりも、筋肉のこわばりをほぐす筋緊張弛緩薬の方が、痛みの緩和に効果があることがあります。

痛みがかなり強いと、筋肉がこわばるという関連性もあります。

そのため、筋緊張弛緩薬が痛みを効果的に緩和します。

膝の痛み

 

骨代謝改善薬

 

骨粗鬆性がある人には、骨密度を高める必要があるため、骨の代謝を改善するビスフォネート製剤が処方されます。

また、変形性膝関節症で関節内の軟骨が著しくすり減っていると、骨と骨が直接ぶつかるため、痛みを感じることがあります。

その時にも骨代謝改善薬として、ビスフォネート製剤が効果があります。

骨の代謝を改善効果がある薬は、ビスフォネート製剤のほかに、ビタミンD製剤が処方されることがあります。

エックス線

 

血行促進、末梢神経回復等

 

痛みの原因が下肢の血行不良による場合は、末梢の結構を促進する薬が処方されます。

また、末梢神経の機能を回復させるため、ビタミンB6やビタミンB12が処方されます。

膝の機能改善に調節関連性はありませんが、鎮痛剤による胃腸障害を防ぐためには、胃粘膜を保護する胃薬も処方されることが多いです。

膝の痛みの改善と一口で言ってもこのように、オーダーメードにように色々な薬が処方されることがあります。

したがって、持病のある方、特に高血圧、気管支喘息、心臓病、のある方は事前に医師と相談しましょう。

(Visited 276 times, 1 visits today)

スポンサーリンク